天災地変(読み)てんさいちへん

四字熟語を知る辞典「天災地変」の解説

天災地変

天地間に起こる災害異変自然界に起こるさまざまな災害。

[使用例] 他の島々に比べてタロ芋の産出は豊かだし、椰子樹も良く実り、食料は余るくらいだ。別に天災地変に見舞われた訳でもない[中島敦*環礁|1942]

[使用例] やっぱり不吉な鬼気がただよい、おそろしい天災地変でも起こるのではなかろうかと[太宰治*右大臣実朝|1943]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「天災地変」の解説

てんさい‐ちへん【天災地変】

〘名〙 天地間に起こる災害や異変。自然界に起こるさまざまな災害。
※東京学(1909)〈石川天崖〉七「天災地変(テンサイチヘン)其の他の災厄は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android