コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子核の集団運動 げんしかくのしゅうだんうんどうcollective motion of nucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子核の集団運動
げんしかくのしゅうだんうんどう
collective motion of nucleus

原子核の体積は質量数に比例するので原子核を陽子と中性子が密集して結合した密度一定の流体とする模型を考え,原子核中で陽子と中性子は非圧縮性の流体のような集団的な運動をするとみなして,これを原子核の集団運動という。集団運動によって原子核の変形が周期的に起ることが可能となるので,振動の励起準位を生じるのが,実験的にも見出されている。一般に重い原子核の構造に関し有効な概念である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原子核の集団運動の関連キーワードボーア(Aage Niels Bohr)ベン・R. モッテルソンレインウォーターモッテルソン有馬朗人ボーア

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android