コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原尻の滝 ハラジリノタキ

デジタル大辞泉の解説

はらじり‐の‐たき【原尻の滝】

大分県豊後大野市にある滝。幅120メートル、落差20メートル。横幅が広いことから「東洋のナイアガラ」と称される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

原尻の滝

大分県豊後大野市にある道の駅。県道緒方高千穂線に沿う。隣接する「原尻の滝」は日本の滝100選のひとつ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

原尻の滝の関連キーワード大分県豊後大野市緒方町原尻大分県豊後大野市

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原尻の滝の関連情報