滝水(読み)たきすい

精選版 日本国語大辞典の解説

たきすい【滝水】

江戸神田和泉町の酒屋、四方(よも)久兵衛で売っていた銘酒。滝の水。
※談義本・根無草(1763‐69)後「四方(よも)が仕似せの沃泉水(タキスイ)には、美濃の孝子も荷嚢(きんちゃく)をたたく」

たき‐みず ‥みづ【滝水】

〘名〙 滝となって流れ落ちる水。
※類従本小侍従集(1202頃)冬「山がくれ人も訪ひこぬ滝水はつららにのみぞ結ばれにける」

ろう‐すい【滝水】

〘名〙 滝の水。滝。
※性霊集‐三(835頃)和尚中寿感興詩「滝水鼓卑鼓、伐木柷敔」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報