コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原撫松 はら ぶしょう

1件 の用語解説(原撫松の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原撫松 はら-ぶしょう

1866-1912 明治時代の洋画家。
慶応2年1月27日生まれ。京都府画学校小山三造らにまなぶ。明治37年イギリスに留学し本格的な油彩技法をおさめた。「坂田快太郎博士の像」(岡山大医学部所蔵)など肖像画を得意とした。大正元年10月27日死去。47歳。備前(岡山県)出身。本名は熊之介,のち熊太郎。作品に「画家ヘンリー」「裸婦」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原撫松の関連キーワード光の科学史英学マンスフェルトバーブ明治天皇大正バルカン戦争池内蔵太海保漁村カッテンデイケ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone