コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原斗南 はら となん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原斗南 はら-となん

?-? 江戸時代中期の儒者。
明和(1764-72)ごろの人。中井甃庵(しゅうあん)にまなび,大坂の漢学塾懐徳堂でおしえた。京都出身。名は存之。字(あざな)は子希。通称は義助著作に「斗南稿」「理学発揮」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原斗南の関連キーワード儒者明和

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android