コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中井甃庵 ナカイシュウアン

デジタル大辞泉の解説

なかい‐しゅうあん〔なかゐシウアン〕【中井甃庵】

[1693~1758]江戸中期の儒学者。播磨(はりま)の人。名は誠之。大坂に出て三宅石庵朱子学を学び、懐徳堂を設立。著「不問語」「五孝子伝」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中井甃庵 なかい-しゅうあん

1693-1758 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)6年9月29日生まれ。大坂で三宅石庵(みやけ-せきあん)に師事。享保(きょうほう)9年大坂の有力町人らの協力で漢学塾懐徳堂を創立,石庵を学主にむかえる。のち幕府公認の学問所となった同堂の2代目学主をつとめた。宝暦8年6月17日死去。66歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は誠之。字(あざな)は叔貴。通称は四郎,忠蔵。著作に「とはすかたり」「五孝子伝」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中井甃庵

没年:宝暦8.6.17(1758.7.21)
生年:元禄6.9.29(1693.10.28)
江戸中期の儒学者。名は誠之,字は叔貴,通称は四郎また忠蔵。甃庵は号。播州竜野(兵庫県竜野市)の人。竜野藩主脇坂氏に仕えたが,父が致仕して大坂に移ったのに従い甃庵も大坂に移った。三宅石庵の多松堂に朱子学を学び,その高弟として,享保9(1724)年大坂尼ケ崎町に懐徳堂を設け,2年後石庵を初代学主に迎え,堂が幕府公認の学問所となるために力を尽くした。石庵没後第2代学主となったとき五井蘭洲が助教として講義を受け持った。荻生徂徠の復古学流行の当時,終始宋学を以て立った。竹山,履軒は子。<著作>『不問語』『五孝子伝』『甃庵雑記』『貽範先生遺集』<参考文献>西村時彦『懐徳堂考』(復刻,1984)

(水田紀久)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なかいしゅうあん【中井甃庵】

1693~1758) 江戸中期の儒者。播磨の人。大坂に出て、三宅石庵に学ぶ。のち懐徳堂を創立。著「不問語」「甃庵雑記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

中井甃庵 (なかいしゅうあん)

生年月日:1693年9月29日
江戸時代中期の儒学者
1758年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の中井甃庵の言及

【懐徳堂】より

…江戸時代の大坂にあった学校。1724年(享保9)大坂町人の三星屋武右衛門,道明寺屋吉左衛門,舟橋屋四郎右衛門,備前屋吉兵衛,鴻池又四郎の5同志が儒者中井甃庵と謀って,彼らの師三宅石庵を学主に迎え,尼崎町1丁目(東区今橋4丁目)に開設。26年幕府官許の学問所となり,石庵のもとに五井蘭洲らが助講,甃庵が学問所預人,5同志が財政運営を担当した。…

※「中井甃庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中井甃庵の関連キーワード道明寺屋芳春大阪(市)船曳谷園中井履軒稲垣隆秀生年月日荒木蘭皐三宅春楼中井竹山原斗南儒者中井

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android