コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原油・天然ガスの埋蔵量(読み)げんゆ・てんねんガスのまいぞうりょう(英語表記)reserve of oil and gas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原油・天然ガスの埋蔵量
げんゆ・てんねんガスのまいぞうりょう
reserve of oil and gas

地下の油層・ガス層内に存在する油・ガスの量をいい,普通地表条件に換算した容量で表す。埋蔵鉱量,埋蔵量,鉱量ともいう。開発以前にあった油量・ガス量を原始埋蔵量あるいは総埋蔵量ともいい,一定の条件の下で採取しうる量をその時点での可採埋蔵量という。また技術的に採取可能な量を究極的可採埋蔵量という。埋蔵量はその値の信頼度に応じて,確認埋蔵量,推定埋蔵量,予想埋蔵量の3段階の区別が成されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android