確認埋蔵量(読み)かくにんまいぞうりょう(英語表記)proved reserves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確認埋蔵量
かくにんまいぞうりょう
proved reserves

既知埋蔵量 known reservesとも呼ぶ。現在の技術と価格を前提として,経済的に引合う採取可能な資源の埋蔵量をいう。資源問題で通常その対象となるのはこの確認埋蔵量で,技術革新や価格上昇によって確認埋蔵量は大幅に増大する可能性がある。再生産不可能な鉱物資源の場合,地殻構成比 (クラーク数) から計算された地球全体の理論的な総埋蔵量と対比すると確認埋蔵量は微小な割合を占めるにすぎない。 (→可採年数 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

確認埋蔵量の関連情報