コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田宗典 はらだ むねのり

1件 の用語解説(原田宗典の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

原田宗典

日本の小説家。1959年3月25日、東京都生まれ。妹は小説家の原田マハ。中学生まで東京で過ごし、両親の都合で岡山県に転居。岡山県立岡山操山高等学校在学中、短編作品「失透」で学研のコース文学賞に入選した。77年に早稲田大学に進学し、卒業後はコピーライター岩永嘉弘の事務所に勤務する傍ら小説を執筆。84年、小説「おまえと暮らせない」ですばる文学賞に佳作入選し、87年に同事務所を退社後、作家として本格的に活動を開始した。以降、『十七歳だった!』(集英社)、『スメル男』(講談社)など、小説やエッセイを多数執筆している。13年、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反(いずれも所持)で現行犯逮捕された。

(2013-9-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原田宗典の関連キーワード角田喜久雄プルーマーゴンクール桜田常久橘外男東野辺薫藤原審爾電気記念日残留孤児・婦人訴訟判決添田さつき

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原田宗典の関連情報