失透(読み)シットウ

百科事典マイペディアの解説

失透【しっとう】

溶融ガラスを冷却したり,透明なガラスを加熱する際に,組成によって決まるある一定温度範囲でガラス中に結晶が析出する現象。透によりガラスは不透明になり,もろくなるため,ガラス製造に際しての重大な障害であるが,この現象を積極的に利用したものにデビトロセラミックスなどがある。
→関連項目ガラス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しっとう【失透 devitrification】

溶融状態にある原料からガラスを製造する際に,不透明な物質がガラス中に出現する現象をいう。一般には,ガラスが結晶化することが原因となって不透明化する。ガラスは本来熱力学的に非平衡状態であり,したがって熱処理の条件によって,あるいは結晶核を生成しやすい物質を含んでいる場合などには,本来の平衡相である結晶を析出することがある。ある組成のガラスが失透しやすいかどうかを決定する要因は溶融状態の粘度であり,粘度が低いものは失透しやすい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しっとう【失透】

透明なガラスなどの内部に結晶が生成して、半透明または不透明になる現象。製造後、長い年月がたったときや加熱されたときに起こる。失透したガラスはもろい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android