コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

失透 シットウ

4件 の用語解説(失透の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しっ‐とう【失透】

ガラスが長時間加熱されると、結晶化が起こって不透明になり、もろくなる現象。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

失透【しっとう】

溶融ガラスを冷却したり,透明なガラスを加熱する際に,組成によって決まるある一定温度範囲でガラス中に結晶が析出する現象。失透によりガラスは不透明になり,もろくなるため,ガラス製造に際しての重大な障害であるが,この現象を積極的に利用したものにデビトロセラミックスなどがある。
→関連項目ガラス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しっとう【失透 devitrification】

溶融状態にある原料からガラスを製造する際に,不透明な物質がガラス中に出現する現象をいう。一般には,ガラスが結晶化することが原因となって不透明化する。ガラスは本来熱力学的に非平衡状態であり,したがって熱処理の条件によって,あるいは結晶核を生成しやすい物質を含んでいる場合などには,本来の平衡相である結晶を析出することがある。ある組成のガラスが失透しやすいかどうかを決定する要因は溶融状態の粘度であり,粘度が低いものは失透しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しっとう【失透】

透明なガラスなどの内部に結晶が生成して、半透明または不透明になる現象。製造後、長い年月がたったときや加熱されたときに起こる。失透したガラスはもろい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

失透の関連キーワードガラス繊維がら紡硝子骨脂繊維工業ガラス温度混和機ガラス砂一次脱ガラス化作用タンク窯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone