コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現行犯 げんこうはん

6件 の用語解説(現行犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現行犯
げんこうはん

現に罪を行い,または現に罪を行い終った者をいう (刑事訴訟法 212条1項) 。現行犯は逮捕状なしになんぴとでも逮捕できる (憲法 33,刑事訴訟法 213) 。現行法上,犯人として追呼されたり,贓物 (ぞうぶつ) または明らかに犯罪に使用したと思われる兇器その他の物を所持しているとき,身体もしくは被服に犯罪の顕著な証拠があるときなども,現行犯に準ずる扱いを受ける (刑事訴訟法 212条2項) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんこう‐はん〔ゲンカウ‐〕【現行犯】

現に行っているか、または現に行い終わった犯罪。また、その犯人。逮捕状なしに逮捕できる。「不法侵入現行犯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

現行犯【げんこうはん】

現に罪を行い,または現に罪を行い終わった者(現行犯人),あるいはその犯罪。犯人として追呼されている者なども現行犯人とみなされる(準現行犯人)。現行犯は逮捕状なしで逮捕することができ,また一般市民もこれを逮捕することが許される(憲法33条,刑事訴訟法212条以下)。
→関連項目強制捜査

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんこうはん【現行犯】

現行犯の概念はローマ法の〈現行盗〉に由来するが,これは刑がとくに重く,極刑に処せられる点に特徴があった。しかし,のちにはその対象が広く他の犯罪にまで拡大される一方,強制処分(逮捕等)など手続的な面でのみ特別に扱われるようになった。日本の現行法も現行犯を強制処分についてのみ特別扱いしている。すなわち,憲法は,現行犯は令状なしに逮捕できるものとし(33条),これをうけて刑事訴訟法が詳細な規定をおいている(212~217条)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんこうはん【現行犯】

現に行い、または現に行い終わった犯罪。また、その犯人(現行犯人)。現行犯人は逮捕状なくして逮捕できる。 「すりの-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

現行犯
げんこうはん

現に罪を行い、または現に罪を行い終わった者(刑事訴訟法212条1項)。現行法では、すべての犯人が一時的にはかならず現行犯であり、時間の経過によって現行犯でなくなる。その時間的、場所的限界について、最高裁判所は、犯行後30~40分経過して、犯行現場から20メートルくらい隔たった場所にいたものを現行犯としている(昭和31年10月25日最高裁判所第一小法廷決定)。これに対し旧刑事訴訟法は、「現ニ罪ヲ行ヒ又ハ現ニ罪ヲ行ヒ終リタル際ニ発覚シタルモノヲ現行犯トス」(130条1項)とし、発覚の時点で現行犯ということになれば、時間の経過にかかわらずその身分は継続することになっていた。
 日本国憲法は、現行犯の逮捕には逮捕令状を要しないとしており(33条)、刑事訴訟法によれば、原則として、捜査機関であれ私人であれ、何人(なんぴと)でも逮捕令状なしに現行犯を逮捕できる(213条、例外217条)。これは、犯罪の実行が明白で、司法的判断を経なくとも誤認逮捕のおそれがないからである。また、刑事訴訟法は、罪を行い終わってから間がないと明らかに認められるもので、次のいずれかに該当する場合を準現行犯として、「現行犯人とみなす」ことにしている(212条2項)。
(1)犯人として追呼されている。
(2)贓物(ぞうぶつ)(犯罪行為によって手に入れた他人の財物)または明らかに犯罪の用に供したと思われる兇器(きょうき)その他の物を所持している。
(3)身体または被服に犯罪の顕著な証跡がある。
(4)誰何(すいか)されて逃走しようとする。[大出良知]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現行犯の関連キーワードウィントシャイト現行下位概念現行法準現行犯木庭顕ローマ法の継受現行犯逮捕西ゴート・ローマ法典《ローマ法の危機とローマ法学》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現行犯の関連情報