コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田蒼渓 はらだ そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田蒼渓 はらだ-そうけい

1835-1907 幕末-明治時代の彫刻家。
天保(てんぽう)6年生まれ。家は代々木彫りを業とした。動物を彫刻し,とくに(うずら)を得意とした。明治23年内国勧業博覧会に雌雄1対の鶉を出品し,竹内久一(たけのうち-ひさかず)にみいだされた。明治40年10月死去。73歳。信濃(しなの)(長野県)出身。通称は倖三。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原田蒼渓の関連キーワード明治時代彫刻家

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android