コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内久一 たけうちきゅういち

4件 の用語解説(竹内久一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹内久一
たけうちきゅういち

[生]安政4 (1857).7.9. 江戸,浅草
[没]1916.9.24. 東京
彫刻家。幼名兼五郎。号は久遠。初め堀内龍仙,川本洲楽に師事して象牙彫刻を学び,次いで 1880年奈良見物のおり古仏像に感銘,木彫の再興を志して正倉院御物 (現宝物) や社寺の古美術を研究,模作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内久一 たけのうち-ひさかず

1857-1916 明治-大正時代の彫刻家。
安政4年7月9日生まれ。はじめ象牙(ぞうげ)彫刻家として独立したが,奈良の古仏にであい木彫をこころざす。東京美術学校(現東京芸大)開設とともに教師となり,明治24年教授。白井雨山らの門弟をそだてた。代表作に「技芸天(ぎげいてん)」「日蓮(にちれん)上人」など。大正5年9月24日死去。60歳。江戸出身。号は久遠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内久一

没年:大正5.9.24(1916)
生年:安政4.7.9(1857.8.28)
明治期の木彫家。幼名兼五郎。号は久遠。江戸浅草生まれ。父善次郎は歌川国芳の門人で浮世絵をよくした。はじめ象牙彫刻を学んだが,明治13(1880)年に観古美術会で奈良の古像を見て感銘を受け,木彫を志す。15年より2年間奈良に滞在して社寺の古彫刻を研究し,古仏の優れた模刻像を多数制作した。東京美術学校(東京芸大)の創立(1889)に岡倉天心らと尽力し,彫刻科の初代教授となる。39年,帝室技芸員に任じられた。生粋の江戸っ子で,伝統的な主題を,古典的な様式と近代的写実のあいまった作風で表現した。代表作は「神武天皇像」,「伎芸天」(東京芸大蔵)など。

(山梨絵美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹内久一
たけうちひさかず
(1857―1916)

明治、大正の彫刻家。江戸生まれ。幼名兼五郎。象牙(ぞうげ)彫師堀内竜仙の弟子となり、川本洲楽の門に入った。1881年(明治14)内国勧業博覧会に牙彫(げちょう)で受賞したが、古美術の研究を志し、東京美術学校開設のとき教師となり、91年教授となった。93年シカゴ万国博覧会に『伎芸天』を出品して大いに好評を得、1906年(明治39)には帝室技芸員に推され、文展開設後は審査員を歴任した。門下からは白井雨山(うざん)、沼田一雅(かずまさ)らを輩出した。『日蓮上人(にちれんしょうにん)』などの代表作のほか、古彫刻の修復に秀でていた。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の竹内久一の言及

【大自在天】より

秋篠寺に伎芸天であるとの伝承をもつ木造立像(重要文化財)が所蔵されるが,頭部以外は鎌倉時代の補作で,当初の形像は不明である。礼拝像としての伎芸天像はほとんど知られていないが,明治時代に木彫界で活躍した竹内久一(きゆういち)(1857‐1916)が1893年シカゴ万国博覧会に出品した作品に《伎芸天像》の大作がある。【関口 正之】。…

※「竹内久一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹内久一の関連キーワード久遠久遠仏松島庄五郎(2代)松永鉄五郎(初代)松永鉄五郎(2代)松永鉄五郎(3代)三木宗策珉江村上九郎作山田鬼斎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竹内久一の関連情報