コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原腸蓋 げんちょうがいarchenteric roof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原腸蓋
げんちょうがい
archenteric roof

胚の個体発生で,陥入した腔所として生じてくる原腸の上方壁,すなわち天井の部分。もとは原腸の入口である原口背唇が内部に引込まれてきたもので,胚葉としては内胚葉あるいは中胚葉である。胚を外部から見れば,神経板の直下の部分にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

原腸蓋の関連キーワード形成体

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android