原霞外(読み)はら かがい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原霞外 はら-かがい

1880-1926 明治-大正時代の社会運動家。
明治13年10月9日生まれ。東京専門学校(現早大)にまなび,明治38年白柳(しらやなぎ)秀湖らと火鞭(かべん)会をおこし「火鞭」を創刊。演劇,講談,浪曲などで社会主義の宣伝につとめた。日刊「平民新聞」に小説を連載。のち「名古屋新聞」岡崎支局長。大正15年11月21日死去。47歳。愛知県出身。本名は真一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android