コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調教 チョウキョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐きょう〔テウケウ〕【調教】

[名](スル)動物を目的に応じて訓練すること。「盲導犬として調教する」「調教師」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうきょう【調教 training】

動物に情緒的な働きかけをし,特定の人の命令にしたがい,一定の行為を行わせるようにする訓練の過程をいう。古代,動物の家畜化すなわち牧畜起源とともに調教の歴史は始まり,旧約聖書にも,イスラエルの王ソロモンがたくさんの動物を収集して飼いならし,またウマを調教して戦車の牽引(けんいん)や騎乗用に使用したという記述がある。古代ローマ時代になると,猛獣の格闘といった娯楽的要素をもつ調教が始まり,ゾウライオン,トラなどでの戦車競走もみられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうきょう【調教】

( 名 ) スル
馬・犬・猛獣などを訓練すること。 「ライオンを-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の調教の言及

【トレーニング】より

…環境や運動の刺激に対する人体の適応性を利用し,身体運動を行うことによって意志力を含めた人間の体力を高めること,もしくはその過程をいう。生体は運動という刺激(トレーニング負荷)によって変化を生じ,それを繰り返すことによって機能を高めることができる。これをトレーニング効果と呼び,期待できる効果として,筋力,持久力をはじめとして,神経系統の機能が高まることによる調節力,巧緻性の向上があげられる。トレーニング負荷の指標としては,心身の生理的な応答がとれうる内的負荷と,走向距離や挙上重量などを指標とする外的負荷がある。…

※「調教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

調教の関連キーワード責め馬・攻め馬・責馬・攻馬マレンマ・シープドッグリチャード オバリージュリアン ルパルートレーニングセンター海外遠征(競馬の)アニマルトレーナーヴィクトワールピサハーゲンベック認定厩舎制度坂路・阪路小川 佐助尾形 藤吉トレーナーブオンドン日光猿軍団ハンドラー野平 祐二武田 文吾野平祐二

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調教の関連情報