岡田三郎(読み)おかだ さぶろう

美術人名辞典の解説

岡田三郎

小説家。北海道生。早大卒。日本に初めてコントを紹介。反プロレタリアを目標とする芸術派の立場をとる。モダンな短篇小説を得意とする。昭和29年(1954)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田三郎 おかだ-さぶろう

1890-1954 大正-昭和時代の小説家。
明治23年2月4日生まれ。博文館の「文章世界」を編集しながら小説をかく。大正10年フランスにわたり,帰国後日本にはじめてコント文学を紹介。14年「文芸日本」を創刊した。のち新興芸術派から私小説に転じた。昭和29年4月12日死去。64歳。北海道出身。早大卒。作品に「巴里」「伸六行状記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田三郎
おかださぶろう
(1890―1954)

小説家。北海道松前生まれ。洋画家を志して太平洋画会研究所に学ぶ。早稲田(わせだ)大学英文科在学中、『涯(はて)なき路』(1918)が『新愛知』新聞の懸賞小説に当選。卒業後、『文章世界』の編集に従事し、浜田広介(ひろすけ)らと同人雑誌『地平線』を創刊。1921年(大正10)渡仏し、2年後帰国してコントを紹介、提唱した。25年『文芸日本』を主宰し、『不同調』同人としても活躍。新興芸術派にも加わり『物質の弾道』(1930)を刊行。戦時下の庶民の哀歓を描いた『伸六行状記』(1940)は評判をとった。[神谷忠孝]
『『現代日本文学大系91 現代名作集一 岡田三郎篇』(1973・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡田三郎の関連情報