コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

去状 さりじょう

百科事典マイペディアの解説

去状【さりじょう】

(1)暇(いとま)状,離別状とも。近世に行われた離縁状のこと。3行半に書くのを原則とし,俗に三行半(みくだりはん)ともいう。(2)去文(さりぶみ),(さり)状とも。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の去状の言及

【離縁状】より

…〈勝手ニ付〉は離縁状の代表的離婚事由であり,離婚に至ったのは夫のつごうによったこと,いいかえれば妻の所為(責任)ではないことを表示している。離縁状は離別状,去状(さりじよう),暇(いとま)状,隙(ひま)状などといい,また3行半に書かれることが多かったので三行半(みくだりはん)と俗称されたのである。【高木 侃】。…

【離婚】より

…とすれば,ここには,一夫一婦制家族を原則的に守ろうとする幕府の期待がこめられていることがしられるであろう。もっとも,それでも,離婚するときには,夫が妻に去状(さりじよう)(離縁状)を与えることが必要だった。これがないと,その妻はあらたに改嫁=再婚することができないからである。…

※「去状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

去状の関連キーワード避文沽券

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android