コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参加支払 サンカシハライ

3件 の用語解説(参加支払の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんか‐しはらい〔‐しはらひ〕【参加支払】

為替手形約束手形で、満期の前後を問わず、引き受けまたは支払いの拒絶などの遡求(そきゅう)原因が生じた場合に、遡求を阻止するために支払人または引受人以外の第三者手形の支払いをすること。栄誉支払

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんかしはらい【参加支払】

満期の前後を問わず,手形につき遡求(そきゆう)原因(引受拒絶,支払拒絶,支払人の破産など)が生じたときに,遡求が行われるのを阻止する目的で遡求義務者の一人(被参加人)のために他の者が所持人に支払うことを参加支払という。為替手形の引受人,約束手形の振出人以外の者ならだれでも参加支払ができる。参加支払は被参加人を表示し,所持人が手形上に支払を受領した旨の受取りの記載をすることによって行う。参加支払を受けた所持人の手形上の権利は消滅し,被参加人以後の者の遡求義務は消滅する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんかしはらい【参加支払】

手形の引き受けまたは支払いが拒絶された場合に、その遡求そきゆうを阻止するため、第三者が手形の支払いを行うこと。栄誉支払。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone