コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参合陂の戦い さんごうはのたたかい Can-he-po zhi zhan; Ts`an-ho-p`o chih chan

1件 の用語解説(参合陂の戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

参合陂の戦い
さんごうはのたたかい
Can-he-po zhi zhan; Ts`an-ho-p`o chih chan

中国,五胡十六国時代,後燕北魏との間で行われた戦い。登国 10 (395) 年北魏の道武帝は後燕の慕容垂と参合陂で戦い,これを破り,降伏兵四,五万人を穴埋めにした。この戦いで従来の後燕の優位が失われ,北魏の中原進出の大勢が確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参合陂の戦いの関連キーワード後燕五胡十六国西燕西秦前燕禿髪氏南燕北燕北涼姑臧

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone