コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後燕 こうえんHou-yan; Hou-yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後燕
こうえん
Hou-yan; Hou-yen

中国,五胡十六国の一つ。前慕容氏の一族慕容垂 (ぼようすい) の建てた国 (387~409) 。垂は前秦から独立し,中山 (河北省定県) に都して,登国9 (394) 年西燕を滅ぼし,朝鮮,中国東北部から華北一帯を領したが,翌年北魏に敗北。やがて竜城 (遼寧省朝陽) に移り,国力を回復しようとしたが内乱が多く,建始1 (407) 年には将軍馮跋 (ふうばつ) のクーデターにより,高氏出身の慕容雲が即位。しかしまもなく雲は殺され,馮が王位を奪った (→北燕 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうえん【後燕】

中国、五胡十六国の一。前燕の一族慕容垂ぼようすいが建てた鮮卑系の王朝(384~409)。都は中山(河北省)。北魏に圧迫され、北燕の馮跋ふうばつに滅ぼされた。ごえん。

ごえん【後燕】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後燕
こうえん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後燕の言及

【燕】より

…やがて一族に内訌が起こり,前秦の苻堅に征服された。苻堅が淝水で東晋に敗れると,一族は国家再興を企て,西燕(384‐394)と後燕(384‐407)が興ったが,後燕は西燕を滅ぼし,河北,河南,山西,山東さらに遼東に及ぶ広大な帝国を建設した。しかし397年北魏が首都中山(河北省定県)に迫ると,国家は瓦解して南燕(河南,398‐410)と北(407‐436)に分裂した。…

【五胡十六国】より

…しかしさらに東晋を併呑して中国再統一を実現しようとした前秦皇帝苻堅の夢は,淝水の敗戦でついえ去った(淝水の戦)。 華北は再び混乱におちいり,東方では慕容部が国家再建をはかり(後),前秦の本拠関中では羌族姚氏が勃興した(後)。河西地方では氐族呂氏が後を興したが,やがて鮮卑の南と匈奴の北が分離し,北涼からはまた漢族の西が独立して,これらの国々は互いに抗争した。…

【慕容垂】より

…中国,後の創建者。前燕王慕容皝(こう)の第5子。…

※「後燕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後燕の関連キーワード春風亭 柳枝(3代目)燕(五胡十六国時代)道武帝[北魏]参合陂の戦い北アジア史宇文部慕容部高句麗李徳懋謝冰心拓跋珪道武帝召公奭後秦鮮卑

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android