友国晴子(読み)ともくに はるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友国晴子 ともくに-はるこ

1858-1925 明治-大正時代の教育者。
安政5年2月7日生まれ。家は摂津須磨(兵庫県)の代々の庄屋。明治18年大阪府堺(さかい)の女紅場(じょこうば)を卒業,同校教師となる。21年神戸の親和女学校にうつり,一時閉鎖になると独力で再建につとめ,25年再発足させた(41年親和高女と改称)。大正14年10月26日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android