コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友情について ゆうじょうについてDe amicitia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友情について
ゆうじょうについて
De amicitia

別名『ラエリウス』 Laelius。古代ローマの政治家マルクス・トゥリウス・キケロの哲学的対話篇。前 44年親友アッチクスにあてて執筆。この対話は前 129年小スキピオの死の直後に,親友だったラエリウスとその2人の義息ファンニウスとスカエウォラの間で行われ,それをキケロが若い頃スカエウォラから聞いた話に基づいて再構成したものということになっている。ラエリウスは小スキピオとの友情を追想しながら,友情の性質と友情を支配すべき諸原理について論じ,結論として,友情が徳に基づき,徳によって守られること,友情の本質的特徴である調和と永続性と忠実性とが徳に由来することを説く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

友情についての関連キーワードスキピオ・アエミリアヌス老年について

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

友情についての関連情報