コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友敵関係 ゆうてきかんけいFreund-Feind Verhältnis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

友敵関係
ゆうてきかんけい
Freund-Feind Verhältnis

C.シュミットが『政治的なものの概念』 (1927) において提起した概念政治本質は友-の対立状況において根源的に表われると彼は考える。近代の多元的国家論が国家にとっての敵を明確に定義できないために問題の決定を遅らせていることを批判しつつ,彼はワイマール時代のドイツの政治的混乱を解決するためには国家にとっての真の敵,つまり共産主義勢力の一掃が必要であると説いた。彼にとって政治の本質は例外状況である戦争に現れるのである。この概念はナチズムの思想に受継がれ,やがてはヒトラー独裁を正当化する根拠にもなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

友敵関係の関連情報