コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

例外状況 れいがいじょうきょうAusnahmefall

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

例外状況
れいがいじょうきょう
Ausnahmefall

政治における非常事態を意味する。事態回避のために決断を迫られるが,議会制デモクラシーでは対応できない場合,必然的に政府機関の停止と決断主体である主権者の独裁が要請される。それゆえ独裁の正当化の根拠として提示された概念だといえる。マルクス主義プロレタリアート独裁を資本制社会から共産主義社会への過渡期現象として把握したのに対して,C.シュミットは例外状況=独裁を政治の普遍的現象として位置づけた。それは政治の本質を友敵関係に限定した彼の思想の必然的な帰結でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

例外状況の関連キーワード政治神学二重政権

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

例外状況の関連情報