コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

友淵宜卿 ともぶち ぎけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

友淵宜卿 ともぶち-ぎけい

?-? 江戸時代中期の医師。
宝暦(1751-64)ごろの大坂の人。梁田蛻巌(やなだ-ぜいがん)にまなび,詩文をよくした。「南江遺稿」がある。字(あざな)は伯明。通称は庸節。号は南江。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

友淵宜卿の関連キーワード宝暦