コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双子地震 フタゴジシン

1件 の用語解説(双子地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたご‐じしん〔‐ヂシン〕【双子地震】

ほぼ同時または短期間に連続して発生する大規模な地震。最初の地震によって周辺の断層に負荷が加わり、新たな地震が誘発される。→三連動地震
[補説]余震の場合は、通常、最も規模の大きいもの(最大余震)でも、本震より規模がマグニチュード1程度小さくなるが、双子地震の場合、二つの地震の規模にほとんど差がなく、後の地震の方が大きい場合もある。2004年12月と2005年3月に隣接する異なる断層を震源として発生したスマトラ沖地震それぞれM9.0とM8.7)、嘉永7年(1854)11月の安政東南海地震(M8.4)とその32時間後に発生した安政南海地震(M8.4)などがこれにあたると考えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双子地震の関連キーワードハウリング連続X線帯番組短期短期間短期資金罹患率賞味期間相関性の法則(感覚)船舶修繕費保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双子地震の関連情報