コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安政南海地震

2件 の用語解説(安政南海地震の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

安政南海地震

政府の中央防災会議などによると、1854(安政元)年12月24日、紀伊水道・四国南方沖でマグニチュード8.4規模の地震が発生し、津波が九州より東の太平洋岸を襲った。前日起こった東海・熊野海岸沖を震源とする同規模の「安政東海地震」と合わせ、住宅約3万棟が全壊・焼失し、計数千人の犠牲者が出たとされる。和歌山県広川町で当時、しょうゆ醸造元の当主、浜口梧陵(ごりょう)が稲束に火をつけて高台へ住民を導き、津波から救った史実をもとにした逸話「稲むらの火」が知られている。

(2011-08-23 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

安政南海地震

1854年12月24日、安政東海地震の32時間後に発生した大規模な地震による災害。被災地は畿内・東海・東山・北陸・南海・山陰・山陽道と広範囲におよび、数千人の死者が出たとされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の安政南海地震の言及

【安政地震】より

…この地震をふくめさまざまな調査研究の結果,駿河湾を中心とした東海沖に近いうちに巨大地震が発生する可能性が強いというので,各種の対策が講じられている。 この後,12月24日午後4時ころに南海道沖の海域(北緯33゜,東経135゜)にマグニチュード8.4の安政南海地震(安政地震II)が発生した。家屋倒壊地域は中部,近畿,四国,九州におよび,出雲でも被害があった。…

※「安政南海地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

安政南海地震の関連キーワード安政安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約嘉永了仙寺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安政南海地震の関連情報