双子座流星群(読み)フタゴザリュウセイグン

デジタル大辞泉の解説

ふたござ‐りゅうせいぐん〔‐リウセイグン〕【双子座流星群】

双子座α(アルファ)星カストル)付近を輻射点とする流星群。12月5日頃から12月20日頃にかけて見られ、12月14日前後に出現のピーク(極大)となる。母天体は長い間わからなかったが、1983年に赤外線天文衛星IRAS(アイラス)により発見された小惑星ファエトンの軌道と一致することがわかった。四分儀座流星群ペルセウス座流星群とともに、毎年多くの流星が安定して出現する三大流星群の一つとして知られる。双子座α流星群。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

双子座流星群の関連情報