コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双羽黒光司 フタハグロコウジ

デジタル大辞泉の解説

ふたはぐろ‐こうじ〔‐クワウジ〕【双羽黒光司】

[1963~ ]力士。第60代横綱。三重県出身。本名、北尾光司。史上初の幕内優勝経験がない横綱。→第59代横綱隆の里 →第61代横綱北勝海(ほくとうみ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

双羽黒光司 ふたはぐろ-こうじ

1963- 昭和時代後期の力士。
昭和38年8月12日生まれ。昭和54年立浪部屋に入門。59年入幕。61年大関で連続準優勝し60代横綱となり,北尾のしこ名を双羽黒と改名。62年師匠と衝突し廃業。優勝経験のない横綱は史上初。のちプロレスラー,格闘家となる。平成15年立浪部屋のアドバイザーに就任。三重県出身。本名は北尾光司。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

双羽黒光司の関連キーワードコーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone