コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双鴨山 そうおうさん

2件 の用語解説(双鴨山の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

双鴨山【そうおうさん】

中国,黒竜江省南東部の都市。良質の粘結炭を産する新興炭鉱都市で,チャムスから佳双鉄路が通じる。農産物も豊富。50万人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

双鴨山
そうおうざん / ショワンヤーシャン

中国、黒竜江省東部にある地区級市。尖山(せんざん)ともよばれ、人民共和国になってから開発された炭鉱都市で、1956年市となった。2001年現在、宝清県など4県を管轄する。人口150万0051、市轄区人口50万4286(2000)。チャムスの東南東約65キロメートルにあり、鉄道で結ばれる。炭層は中生代ジュラ紀のもので埋蔵量16億トン(1950推定)。炭質は優れた粘結炭で約8000キロカロリー、コークスや工業原料によく、年出炭量は600万トンという。近在都市のほかハルビン、鞍山(あんざん)にも送られている。ほかに金属、製材、製紙、食品などの工業も立地する。[浅井辰郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双鴨山の関連キーワード愛琿条約原料炭黒竜江省黒竜江天水粘結炭牡丹江泉州斉斉哈爾

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

双鴨山の関連情報