コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

反印紙税一揆 はんいんしぜいいっきRévolte du papier timbré

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

反印紙税一揆
はんいんしぜいいっき
Révolte du papier timbré

1675年フランスのブルターニュで起った反王権反領主の農民反乱。反乱者たちは赤帽子をかぶっていたことから「赤帽子の反乱」 Révolte des Bonnets-rougesとも呼ばれた。印紙税その他の国王間接税に対する反対を契機として,おもに下ブルターニュ地方農村一帯に波及した。農民は「農民綱領」 Code paysansという一揆趣意書をつくり,ブルトン住民の共同体的慣習と人格の尊厳を主張し,それに対する抑圧者としての王権ならびに領主に対して反逆を開始し,国王役人や徴税担当者,領主だけでなく都市の資産家たちにも敵意をもち攻撃を加えると同時に,地方三部会に代表を派遣しようと試みた。しかし,同年秋,ブルターニュ地方総督ショーヌ公の圧倒的な軍団によって武力鎮圧された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

反印紙税一揆の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)ミレスクスピノザ談林十百韻山鹿素行光の科学史天文学史(年表)企業年金高遊外売茶翁米ロ核軍縮交渉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android