コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)巻(き) トリマキ

デジタル大辞泉の解説

とり‐まき【取(り)巻(き)】

金持ちや権力者につきまとって機嫌をとること。また、その人。「取り巻きに囲まれる」「取り巻き連中」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

取(り)巻(き)の関連キーワードカラカサケイソウ(唐傘ケイ藻)ホワンヤンチエ(黄洋界)オフィオプルテウス幼生システムズ・アプローチスペンタ・アルマイチウォルフ=ライエ星アクチノトロカ幼生ホタルイ(蛍藺)チャンディ・セウインド洋中央海嶺ケハダヒザラガイクレニツイン火山ユリア・ドムナウンディーネアニュレットニッポニテス輯安将軍塚自然地理学クノッソス対境関係

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android