コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

取(り)巻(き) トリマキ

デジタル大辞泉の解説

とり‐まき【取(り)巻(き)】

金持ちや権力者につきまとって機嫌をとること。また、その人。「取り巻きに囲まれる」「取り巻き連中」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

取(り)巻(き)の関連キーワードカラカサケイソウ(唐傘ケイ藻)ホワンヤンチエ(黄洋界)オフィオプルテウス幼生カイザイク(貝細工)スペンタ・アルマイチアクチノトロカ幼生国際磁気圏観測計画ウォルフ=ライエ星チャンディ・セウクレニツイン火山ホタルイ(蛍藺)ユリア・ドムナウンディーネニッポニテスアニュレットクノッソス輪状軟骨りゅう座ピロネマ小三つ星

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android