コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受注産業 じゅちゅうさんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

じゅちゅうさんぎょう【受注産業】

生産者(メーカー)が需要先から注文を受けて初めて生産を始める,造船,建設,産業機械などの産業をいう。見込み生産を前提とする市況産業などに対する用語。受注産業では,注文主の要求する仕様の個別性が強いため,標準品を見込み生産しても売れない。また1件当りの価格がきわめて高いものが多く,その完成に要する時間も長い。したがって通常,代金は契約時,中間の適当な時期,製品の引渡し時と数回に分けて支払われる。なおインフレの進行が激しい時期には,受注時点の価格では採算がとれないことがあり,価格のインフレ・スライド制が導入されたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

受注産業の関連キーワード造船工業機械工業建設業生産者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受注産業の関連情報