コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受注産業 じゅちゅうさんぎょう

1件 の用語解説(受注産業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じゅちゅうさんぎょう【受注産業】

生産者(メーカー)が需要先から注文を受けて初めて生産を始める,造船,建設,産業機械などの産業をいう。見込み生産を前提とする市況産業などに対する用語。受注産業では,注文主の要求する仕様の個別性が強いため,標準品を見込み生産しても売れない。また1件当りの価格がきわめて高いものが多く,その完成に要する時間も長い。したがって通常,代金は契約時,中間の適当な時期,製品の引渡し時と数回に分けて支払われる。なおインフレの進行が激しい時期には,受注時点の価格では採算がとれないことがあり,価格のインフレ・スライド制が導入されたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

受注産業の関連キーワード生産者米価メーカー生産者価格チャンスメーカー注文取りメーカー品イメージメーカーマーケットメーカー小売業者生産者登録制度

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

受注産業の関連情報