叡努内親王(読み)えぬないしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「叡努内親王」の解説

叡努内親王 えぬないしんのう

?-835 平安時代前期,平城天皇の第2皇女。
母は紀魚員(きの-いおかず)。大同(だいどう)5年備前(岡山県)の穀100斛(こく)をあたえられる。承和(じょうわ)2年4月14日に死んだとき,いとこの仁明(にんみょう)天皇は3日間政務をとらなかった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android