口が掛かる(読み)くちがかかる

精選版 日本国語大辞典「口が掛かる」の解説

くち【口】 が 掛(か)かる

芸人芸妓などが客から招かれる。転じて、仲間などから呼び出しがかかる。
洒落本・契国策(1776)東方「おひゃくさん、もふあいたのか、わっちゃ今がかかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「口が掛かる」の解説

くちか・る

芸人・芸妓などが客の座敷に呼ばれる。「宴会の―・る」
仕事の注文などを受ける。「バイトの―・る」
仲間などから誘いがある。「マージャンの―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android