口が掛かる(読み)クチガカカル

デジタル大辞泉の解説

口(くち)が掛(か)か・る

芸人・芸妓などが客の座敷に呼ばれる。「宴会の―・る」
仕事の注文などを受ける。「バイトの―・る」
仲間などから誘いがある。「マージャンの―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちがかかる【口が掛かる】

芸人などが客から招かれる。また、人から誘われる。 「主役の-・る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くち【口】 が 掛(か)かる

芸人芸妓などが客から招かれる。転じて、仲間などから呼び出しがかかる。
洒落本・契国策(1776)東方「おひゃくさん、もふあいたのか、わっちゃ今がかかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android