口比売(読み)くちひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

口比売 くちひめ

「古事記」にみえる女官。
仁徳(にんとく)天皇の皇后石之日売命(いわのひめのみこと)(磐之媛命)につかえる。天皇の浮気にいかって宮殿をでた皇后を,兄の丸邇口子(わにの-くちこ)がつれもどそうとするのをたすけた。口日売ともかく。「日本書紀」はこの伝承を口持(くちもち)・国依媛(くによりひめ)兄妹のこととする。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android