口腔崩壊(読み)こうくうほうかい

知恵蔵miniの解説

口腔崩壊

極端に虫歯が多く、食べ物を噛むことが困難な状態のこと。明確な定義はないが、虫歯が10本以上あったり、歯の根しか残っていない未治療の歯が多数あったりする状態を指す。特に幼児期からの歯磨きの習慣がないことや適切な治療を受けずに虫歯を放置することによる乳歯の口腔崩壊は、永久歯の口腔崩壊につながりやすく、将来的には全身の健康状態に悪影響をもたらす可能性もある。子ども全体の虫歯数が減少する一方で、経済的事情や親の養育が不十分であることなどから医療機関にかかれず、口腔崩壊状態にある子どもの割合は増加傾向にあり、問題視されている。

(2018-12-4)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android