コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口蓋化 こうがいかpalatalization

翻訳|palatalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口蓋化
こうがいか
palatalization

硬口蓋音以外の音が前舌面が硬口蓋に向って盛上がり[i][j]の音色を帯びること。国際音声字母では,[ƫ]のように左向きのカギをつけるか,[tj]のように[j]を添えて表わす。[ ]のように上に点をつける方式,[ ]のように[´]を使う方式などもある。日本語におけるイ列音の子音は,すべて口蓋化している。また,この共時的現象のほかに,[tj]→[t∫],[kj]→[c]などの通時的変化も口蓋化という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうがい‐か〔‐クワ〕【口蓋化】

音声学の用語。[i]のような前舌の母音あるいはこれに類する[j]に近接する音が同化されて、前舌面が硬口蓋に近づく現象。キ[ki]の舌の位置がカ[ka]よりも前であることや、歴史的にタ行のチが[ti]から[tʃi]に変化したのがその一例

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうがいか【口蓋化】

二次的調音として前舌面が硬口蓋に接近することによって固有の音色が、やや鋭く聞こえるようになること。例えば「カ」に対して「キ」と発音したときの子音部など。本来的硬口蓋音だけでは、口蓋化とはいわない。硬口蓋化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口蓋化の関連キーワード上代特殊仮名遣い上代特殊仮名遣アムハラ語スラブ語派ロシア語突厥文字ボート語音声学異音拗音

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android