コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口遊び クチアソビ

デジタル大辞泉の解説

くち‐あそび【口遊び】

心に浮かぶことを独り言のように言うこと。
「ただ仏の御ことをのみ、寝言にも―にもしつつ行ふ」〈宇津保・春日詣〉
むだ口。うわさ。悪口。
「異戯(ことたはぶ)れ言(ごと)はのたまふとも、このかかる―はさらに承らじ」〈宇津保・藤原の君〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くちあそび【口遊び】

無意識に口ずさむこと。また、その言葉。くちずさび。 「ただ仏の御ことのみを寝言にも-にもしつつ行ふ/宇津保 春日詣
無駄口。うわさ。悪口。 「かかる-は、さらにうけたまはらじ/宇津保 藤原君

くちずさび【口遊び】

〔「くちすさび」とも〕
くちずさみ(口遊)」に同じ。 「あやしとおぼゆる事ぞかしと-にいへば/源氏 若菜上

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

口遊びの関連キーワード源氏口遊

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android