コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口遊み クチズサミ

デジタル大辞泉の解説

くち‐ずさみ【口遊み】

詩や歌などを、心に思い浮かぶまま軽く声に出すこと。
いつも愛唱される歌や言葉。
「なかにも恋の歌は、いたく人の―にもし侍る」〈今鏡・六〉
うわさをすること。また、話の種。評判。
「あはれ恥の上の損かなと、諸人―は猶やまず」〈太平記・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くちずさみ【口遊み】

思い浮かんだ詩や歌を、軽く口に出すこと。ひとりごとのように歌うこと。口ずさび。 「 -に歌う」
人々が、よく口にする詩歌や言葉。くちずさび。 「いたく人の-にもし侍る/今鏡 藤波下
うわさをすること。また、うわさの種。くちずさび。 「あはれ恥の上の損かなと、諸人-は猶やまず/太平記 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

口遊みの関連キーワード話の種

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android