コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口遊み クチズサミ

2件 の用語解説(口遊みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くち‐ずさみ【口遊み】

詩や歌などを、心に思い浮かぶまま軽く声に出すこと。
いつも愛唱される歌や言葉。
「なかにも恋の歌は、いたく人の―にもし侍る」〈今鏡・六〉
うわさをすること。また、話の種。評判。
「あはれ恥の上の損かなと、諸人―は猶やまず」〈太平記・七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くちずさみ【口遊み】

思い浮かんだ詩や歌を、軽く口に出すこと。ひとりごとのように歌うこと。口ずさび。 「 -に歌う」
人々が、よく口にする詩歌や言葉。くちずさび。 「いたく人の-にもし侍る/今鏡 藤波下
うわさをすること。また、うわさの種。くちずさび。 「あはれ恥の上の損かなと、諸人-は猶やまず/太平記 7

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口遊みの関連キーワード観ずる口遊む四種念仏閃き閃く目に浮かぶ思い浮ぶ思い浮べる思いの儘胸に浮かぶ