コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今役者論語魁 ここんやくしゃろんごさきがけ

世界大百科事典 第2版の解説

ここんやくしゃろんごさきがけ【古今役者論語魁】

歌舞伎役者の評判および芸談集。近仁斎薪翁撰。1772年(安永1)正月刊。2巻。元禄歌舞伎の上方役者の逸話,芸談を集めた《耳塵集》に対し,享保以来,江戸で活躍した名人・上手の言行を記録したもの。上巻には,評判記の位の付け方,立役,親仁方,実悪,敵役,若女方,若衆方,それに所作事の名人に関する話,江戸の見物の性格,《仮名手本忠臣蔵》の由来と大星由良助の評判を収録。下巻には,初世沢村宗十郎,初世瀬川菊之丞,2世市川団十郎の芸談を中心に,初世団十郎,中村七三郎,山中平九郎,姉川新四郎坂東彦三郎,市川宗三郎,松嶋茂平治,初世・2世の大谷広次,8世市村羽左衛門の芸談と,初世中村伝七,2世津打治兵衛の作劇談が収められている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

古今役者論語魁の関連キーワード女方(女形)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android