コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中平九郎 やまなかへいくろう

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかへいくろう【山中平九郎】

歌舞伎俳優。元禄期(1688‐1704)江戸の実悪の名優山中平九郎に始まり3世まであるが,初世が最も著名。(1)初世(1642‐1724∥寛永19‐享保9) 俳名仙家。若いころは実事をもっぱらとし,さほどの評判はなかったが,元禄初年に時平大臣,ひがみの王子などの公家悪(くげあく)に名をあげ,1700年(元禄13)には江戸実悪の開山と賞されて,以来,没する前年まで実悪巻頭の地位にあった。《曾我》の工藤祐経が一方の当り役であるが,その本分は公家悪にあり,江戸歌舞伎の荒事の悪の表現は平九郎によって様式として成立をみたといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山中平九郎
やまなかへいくろう

歌舞伎(かぶき)俳優。3世まであるが初世だけが著名。[服部幸雄]

初世

(1642―1724)「江戸実悪(じつあく)の開山」と称された名優。1689年(元禄2)に立役(たちやく)から実悪に役柄を転じ、以後元禄(げんろく)年間(1688~1704)における江戸歌舞伎の形成に大きな役割を果たした。初世市川団十郎による荒事(あらごと)の主人公の前に立ちふさがる超人的な悪の創造に専念。公卿悪(くげあく)や怨霊事(おんりょうごと)を得意とした。やせ形で背が高く、きわめて大音の持ち主で、典型的な実悪役者だったという。鬼女の役で創案した隈取(くまどり)は「平九郎隈」の名で現代に伝わる。[服部幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

山中平九郎の関連キーワード中島三甫右衛門(初代)古今役者論語魁水木竹十郎服部幸雄隈取象引

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android