コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄歌舞伎 げんろくかぶき

2件 の用語解説(元禄歌舞伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元禄歌舞伎
げんろくかぶき

元禄年間 (1688~1704) を中心として,貞享から享保頃の歌舞伎をさす。それまでの歌舞伎が容色本位の歌舞中心であったのに対し,写実的なせりふ劇が確立して歌舞伎史上に一時期を画した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんろく‐かぶき【元×禄歌舞伎】

元禄期を中心とした約50年間の歌舞伎科白劇(かはくげき)世話狂言が成立し、上方では和事芸、江戸では荒事芸が発達。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の元禄歌舞伎の言及

【歌舞伎】より

野郎評判記が出版されるが,当初の容色本位の野郎賛仰からしだいにその技芸をも評判するようになり,役者評判記の性格を濃くしていく。野郎歌舞伎の時代は,初期歌舞伎における重要な飛躍の時期であり,元禄歌舞伎の準備期間でもあった。
[元禄歌舞伎]
 元禄時代(1688‐1704)は,都市町人層の経済的成長と富の蓄積を背景にして,さまざまな庶民文化がいっせいに開花した時代である。…

※「元禄歌舞伎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元禄歌舞伎の関連キーワード元禄文化天領元禄文学暦小紋灰吹き銀不老長寿美濃彫錦袋子白鹿扱箸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone