コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄歌舞伎 げんろくかぶき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元禄歌舞伎
げんろくかぶき

元禄年間 (1688~1704) を中心として,貞享から享保頃の歌舞伎をさす。それまでの歌舞伎が容色本位の歌舞中心であったのに対し,写実的なせりふ劇が確立して歌舞伎史上に一時期を画した。江戸では荒事,神霊事を中心としてロマン的傾向が強く,上方では傾城買狂言が盛んで,より写実的であった。作者に近松門左衛門,役者では江戸の市川団十郎中村七三郎,上方の坂田藤十郎芳沢あやめなどの名優が出た。代表的狂言に『鳴神』『けいせい仏の原』『傾城浅間嶽』などがある。 (→元禄文化 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の元禄歌舞伎の言及

【歌舞伎】より

野郎評判記が出版されるが,当初の容色本位の野郎賛仰からしだいにその技芸をも評判するようになり,役者評判記の性格を濃くしていく。野郎歌舞伎の時代は,初期歌舞伎における重要な飛躍の時期であり,元禄歌舞伎の準備期間でもあった。
[元禄歌舞伎]
 元禄時代(1688‐1704)は,都市町人層の経済的成長と富の蓄積を背景にして,さまざまな庶民文化がいっせいに開花した時代である。…

※「元禄歌舞伎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

元禄歌舞伎の関連キーワード役者論語(やくしゃばなし)中村 歌六(4代目)荒木与次兵衛(初代)中村七三郎(初代)嵐三右衛門(初代)古今役者論語魁野郎歌舞伎水木辰之助黒木 勘蔵高野 辰之黒木勘蔵鳥居清信人形振り科白劇傾城物ケレン戻駕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元禄歌舞伎の関連情報