コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村七三郎 なかむらしちさぶろう

百科事典マイペディアの解説

中村七三郎【なかむらしちさぶろう】

歌舞伎俳優。5世まである。初世〔1662-1708〕は初世市川團十郎と並んで元禄期の江戸で活躍。和事(わごと)系の役を得意とし,《けいせい浅間嶽》の巴之丞は特に好評。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらしちさぶろう【中村七三郎】

歌舞伎俳優。元禄期(1688‐1704)の名優中村七三郎に始まり大正・昭和期の安田直次郎の七三郎まで5世ある。初世が最も名高く2世がこれに次ぐ。(1)初世(1662‐1708∥寛文2‐宝永5) 俳名少長。父は延宝期(1673‐81)の立役天津七郎右衛門といわれ,妻は2世勘三郎の長女。初め若衆方,のち若女方を勤め,1681年(天和1)元服して立役となる。〈わたもちの今業平〉といわれ器量よく,〈好色第一のつや男〉また〈春の色役者〉とも賞され,万芸に長じたが,特に濡れ事やつし事に秀でた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村七三郎
なかむらしちさぶろう

歌舞伎(かぶき)俳優。5世まであるが、初世がもっとも有名で2世がこれに次ぐ。[服部幸雄]

初世

(1662―1708)俳名少長。初世市川団十郎とともに元禄(げんろく)年間(1688~1704)の江戸歌舞伎を代表する名優。容姿に優れ万芸に長じたが、とくに濡事(ぬれごと)、やつし事を得意とし、「江戸和事(わごと)の名人」と賞賛された。江戸の曽我(そが)狂言で、五郎を荒事(あらごと)の演技様式で演ずるのに対し、十郎を和事様式で演ずることを始めたのはこの人である。[服部幸雄]

2世

(1703―74)初世の養子。寛保(かんぽう)~明和(めいわ)(1741~72)のころ活躍し、和実(わじつ)の名人とうたわれた。晩年に中村少長と改名した。[服部幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中村七三郎の関連キーワード中村 七三郎(5代目)鳴見五郎四郎(初代)三升屋助十郎(初代)中村四郎五郎(初代)鳴見五郎四郎(2代)中村勘三郎(9代)中村七三郎(4代)中村勘三郎(4世)中村七三郎(2代)中村助五郎(初代)中村七三郎(2世)中村千弥(初代)中村重助(2代)中村重助(4代)中村重助(3代)仙国彦助(初代)吾妻藤蔵(4代)古今役者論語魁歌舞伎(演劇)吉川多門(2)