大谷広次(読み)おおたにひろじ

精選版 日本国語大辞典の解説

江戸の歌舞伎俳優。立役。
[一] 初世大谷広右衛門の子。屋号、丸屋。俳名、十町。「せり出し」や「引き抜き」を考案。当たり芸は「大森彦七」「鬼王」など。元祿八~延享四年(一六九五‐一七四七
[二] 二世。敵役の初世中村助五郎とのコンビで十町(じゅうちょう)・魚楽(ぎょらく)と呼ばれた。河津・股野の相撲の狂言で有名。享保二~宝暦七年(一七一七‐一七五七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android