コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典ローマ法 こてんローマほう

1件 の用語解説(古典ローマ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古典ローマ法
こてんローマほう

19世紀以来,ローマ法研究において1世紀から3世紀の中葉にわたる元首制時代のローマ法古典ローマ法と呼ぶ。それは第1に,この時代に独創的な法学者が輩出し,勅許解答権の制度によって他の法体系に優越した学説としてのローマ法が生れ,それが後世の法および法学を規定する一般的価値尺度となったこと,第2に共和制期の創造的天才と斗胆なる先駆者の法思惟が発展し,それがきわめて精緻なものとなり,ローマ法史の他の時期の法はもとより,他の民族のいかなる法体系より,はるかに科学的な法が成立したことによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古典ローマ法の関連キーワード万民法ローマ法ボエティウスGrecoRoman注解学派ローマ法の精神コーシャカーローマ法典ローマ法の継受《ローマ法の危機とローマ法学》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone