コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古学小伝 コガクショウデン

デジタル大辞泉の解説

こがくしょうでん〔コガクセウデン〕【古学小伝】

江戸末期の国学書。3巻。清宮秀堅著。安政4年(1857)成立、明治19年(1886)刊。契沖賀茂真淵本居宣長ら75人の国学者伝記を集成したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こがくしょうでん【古学小伝】

伝記。清宮せいみや秀堅著。1857年(安政4)に成り、77年(明治10)に増補。86年刊。契沖以下、山崎知雄に至る国学者七五名の伝を、列伝体で記す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古学小伝の関連キーワード伊勢貞丈山崎知雄列伝体増補

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android