コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荷田春満 かだの あずままろ

8件 の用語解説(荷田春満の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

荷田春満

江戸中期の国学者。伏見稲荷神官。京都生。伏見稲荷祠官羽倉信詮の次男。姓は羽倉、幼名は鶴丸のち信盛、東丸と号する。通称は斎宮。賀茂真淵本居宣長平田篤胤と共に国学四大人の一人。門下に賀茂真淵がいる。著書に『万葉集僻案抄』『春葉集』等。元文元年(1736)歿、69才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かだ‐の‐あずままろ〔‐あづままろ〕【荷田春満】

[1669~1736]江戸中期の国学者・歌人。伏見稲荷神社の神官。国史・古典を究めて復古神道を唱え、万葉記紀研究の基礎をつくった。国学四大人の一人。著「春葉集」「万葉集僻案抄」「日本書紀訓釈」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

荷田春満【かだのあずままろ】

江戸中期の国学者。京伏見稲荷大社の神官。本姓は羽倉氏。父祖伝来の神道歌学を基礎とし,学問を形成。復古神道を説き,語釈を重んじる実証的方法論を示す。門下に賀茂真淵,養子の荷田在満らがある。
→関連項目国学(近世)古道学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荷田春満 かだの-あずままろ

1669-1736 江戸時代前期-中期の国学者。
寛文9年1月3日生まれ。尭延(ぎょうえん)入道親王につかえたのち,江戸で幕府所蔵の和書の鑑定などに従事。享保(きょうほう)8年(1723)京都にもどって古典研究にしたがい,古学の領域をひろげて復古意識を明確にした。弟子に賀茂真淵(かもの-まぶち)らがいる。元文元年7月2日死去。68歳。京都出身。本姓は羽倉。初名は信盛。通称は斎宮(いつき)。著作に「日本書紀神代巻抄」「万葉集僻案抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荷田春満

没年:元文1.7.2(1736.8.8)
生年:寛文9.1.3(1669.2.3)
江戸前期の国学者。本姓,羽倉氏。幼名,鶴丸。初名は信盛,のち東丸また春満。通称は斎宮。号は雨亭。京都伏見稲荷神社の神官羽倉信詮の次男。母は貝子(深尾氏)。兄に信友,姉に茂子,弟に高惟(多賀姓,荷田在満の父)らがいた。家学の神道説や和歌の秘説を学んだが,当時京都で流行した古義学や闇斎学の影響も受けたらしい。元禄10(1697)年20歳,妙法院宮尭延法親王の家来となって和歌を進講した。13年,教授講義をもって家名を興すために江戸に下った。初め中世風の秘伝,秘儀の色彩の強かった社家神道系の神道説を講義していたが,宝永4(1707)年ごろから『万葉集』をはじめとする古典の研究,講義に入った。その過程で,下河辺長流や契沖によって先鞭をつけられた文献学的実証主義を身につける。正徳3(1713)年いったん帰京,すぐ出府,このとき越後長岡藩(長岡市)藩主牧野忠寿から5人扶持で招聘された。同4年帰京して老母に孝養を尽くし,母の死後,享保7(1722)年みたび出府。将軍徳川吉宗から幕府書物奉行下田師古への和学相伝の命を受け,幕府書庫の蔵書の鑑定などを命じられ,また故実,書籍,古語についての下問に答えた。8年6月帰京後も幕府からの下問に書簡で答えていたが,13年,養子在満を出府させこの仕事に当たらせた。このとき,国学校の設立を幕府に請願した『創学校啓』を在満に持参させたといわれる。春満の学問は,契沖らの開拓した古学の領域を拡大し復古意識を明確にさせ,晩年の門人賀茂真淵によってさらに発展させられた。『万葉集僻案抄』『万葉集童子問』『伊勢物語童子問』『春葉集』などがあるが,著作としてまとめる前に病に倒れ,多く稿本として残る。江戸では赤穂浪士ひとり大高源吾と交遊があり,春満は高家吉良氏邸に出入りする便宜があったため,邸中の図を大高に与えたという。<参考文献>大貫真浦『荷田東麿翁』

(白石良夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かだのあずままろ【荷田春満】

1669‐1736(寛文9‐元文1)
江戸中期の国学者。伏見稲荷神社祠官荷田(羽倉)信詮(のぶあき)の子。幼名鶴丸,のち信盛と改め,また東麿,東丸,春満と改める。通称斎宮(いつき),略して斎ともいう。29歳のとき妙法院宮に歌道の師として仕える。のち江戸に学び幕府にも出仕した。神道,古典,有職故実の研究を中心に多方面に業績をあげる。その研究方法にはいまだ中世的弊風が抜け切らない面があるが,《古事記》《万葉集》《日本書紀》研究の基礎を築いた功績は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かだのあずままろ【荷田春満】

1669~1736) 江戸中期の国学者・歌人。姓は羽倉とも。京都伏見稲荷神社の神官。国学四大人の一人。記紀・万葉、有職故実を研究、復古神道を唱えた。弟子に賀茂真淵・荷田在満ありまろなどがいる。著「万葉集僻案抄」「万葉集訓釈」「日本書紀訓釈」「創学校啓」、歌集「春葉集」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荷田春満
かだのあずままろ

[生]寛文9(1669).1.3. 京都
[没]元文1(1736).7.2. 京都
江戸時代中期の国学者,歌人。初名は信盛。東丸から春満に改め,東万侶とも書く。通称は斎宮。京都伏見稲荷の神官信詮 (のぶあき) の第2子。家学としての神道と歌学を修め,元禄 10 (1697) 年妙法院宮の学問所に仕え,同 12年以後は江戸にあって研学し,江戸幕府の御用もつとめたが,享保8 (1723) 年以後は京都に帰り,国学の研究や子弟の教育に専念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の荷田春満の言及

【賀茂真淵】より

…32年実父政信が没したのち,梅谷家を出て学問の道にすすむ。真淵は11歳より,荷田春満(かだのあずままろ)の門人杉浦国頭(くにあきら)について手習いをはじめる。22年に春満は江戸下向の途中,杉浦家に滞在,このとき真淵は春満に会っているはずである。…

【国学】より

…こうした日本古典学は,まだそれだけでは国学であるとはいえない。契沖に深く傾倒した伏見の神官荷田春満(かだのあずままろ)は,その万葉研究を受けつぐ一方,《創学校啓》(1728成立)の中で,〈古語通ぜざれば古義明らかならず,古義明らかならざれば古学復せず〉といっているように,契沖の文献学的方法に加えるに独自の復古主義をもってした。この立場は,晩年の春満に師事し,主として宝暦年間(1751‐64)に活躍した賀茂真淵(かものまぶち)にいたって,国学としての最初の体系化がこころみられることになる。…

※「荷田春満」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荷田春満の関連情報